about me

wafful design 〜アロマで毎日をデザイン〜

こんにちは*

家族の笑顔を守るアロマテラピーサロン wafful design の YUKI です◎

屋号である、 wafful design 。

アロマなのに、なぜdesign

ということで、
今回は、私の屋号 wafful designの意味と由来についてお伝えします。

私は学生時代から、35歳になったら起業する!
とずっと思い描いていました。

(何故35歳かはその時のライフプラン的に)

で、その時に向けて、ずっと屋号は考えていました。

(小さい頃から自室に図書館を開いて、本全てにラベリングしたり、芸能人のごとくサインを考えたりする、夢見がちタイプ)

その時に思いついたのが、
wa*ful 《わっふる》
でした。

のものが好きで (華道部で、箏も弾きます。現在着物通販店でWebデザイナーしています)
を大切にしたくて(学生時代は出会いを大切に、あらゆる体験をさせて頂きました)
わっという、驚きや
わぁ〜!という、感動。
アカサタナ、最後の行が  である、終わりの始まり。

なんかそういった、大切にしたいこと wa がたくさん、という意味で、
(あと、食べ物のワッフルが好きなので)

wa*ful 《わっふる》
と名前を付けた、18歳頃の私

その後、アカウント名を取得したりする時も、あらゆるところでwa ful を使っていました。

そして時は流れ、今年の夏、転機が訪れます。

当時、在職していた会社までは通勤時間が長く、朝早くから息子を保育園に連れて行き、暗くなって迎えに行く毎日。

また、認知症施策に携わる仕事をしていたのですが、
プレッシャーがかかる場面が多く、仕事を終えて帰ると疲れがドッと出て、育児に元気な心で向き合えず、、息子に対する申し訳なさもありました。

その中で、1歳になったばかりの息子とやっぱりもう少し長く一緒にいたい、という想いが強くなり、
在職していた大好きな会社を辞めました。

四月からすでに保育園には行っていて、
息子も保育園でしか体験できないことをさせてもらっていて、楽しそうにはしていたので、保育園を辞めることは考えていなかったのですが、
(金銭的余裕もなく、働くしかなかったのもあります)
保育園に預ける時間を少しでも減らすため、家の近くでパートをすることに。

また、以前から、個人的にデザインの仕事を依頼されることがあったのですが、
前職は副業禁止だったので、前職に就いてからはお断りしていました。

なので、今回の転職を機に、またデザインの仕事も受けていこうと思い、仕事のし易さも考えて、今年の8月に、開業届けを出すことにしたのです。

その時に、屋号としてwa*ful だと表記しにくいし、何の仕事か分かりにくいので、造語の wafful  と design で、

屋号 wafful design (わっふる でざいん)
として、開業しました。

そして、アロマで起業したい、と思った時に、

wafful については、
先にも挙げた、たくさんの wa をアロマを通じて伝えたい、というところ、あと、和 というのは、あえる。まぜる。の意味もあるので、精油のブレンドにも通じると思ったところ、

design についても、
デザインの定義は、ある物事について、それを真に理解し、ふさわしい姿を与える。そのとき顕れた美しみを、人々はdesignと称する。(Wikipediaより)

なので、アロマを生活に取り入れることは、アロマで毎日をデザインする、ことだなあ。

と、若干、こじつけのようですが、笑

そのままこの屋号を使うことにしたのです。

というわけで、約10年の想いがつまった、
wafful design (わっふる でざいん)

よろしくお願いします*

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

コメントはまだありません。

  1. […] (名前の由来はこちら) […]